メニュー

TOPICS

ダニエル・リー(ボッテガ・ヴェネタ) 後編

カテゴリ: お知らせ 作成日:2020年09月14日(月)

ダニエル・リーはトーマス・マイヤーからボッテガ・ヴェネタを引き継ぐという難題を肯定的に捉えており、ボッテガ・ヴェネタは眠れる獅子だったとインタビューで答えています。革製品におけるブランドの立ち位置等は文句のつけようがなかったですが、服に関してはまだ改善の余地があると考えていたのでしょう。そして直近で既製服デザインの指揮を取っていたリーにとってそこは得意分野だったのです。

 

今までの上品な大人のブランドがリーによって若い世代にもアピールできるようになりました。その結果リーの実力が評価され2019年、イギリスのファッション・アワード(旧ブリティッシュ・ファッション・アワード)にてリーが率いたボッテガ・ヴェネタが、ブランドオブザイヤー、アクセサリーデザイナー、デザイナー、ブリティッシュデザイナー(ウィメンズ部門)を受賞し、4冠という偉業を成し遂げます。

 

ボッテガ・ヴェネタの職人気質な部分に、リーが持つ若い世代にもアピール出来る洗練されたデザインセンスがうまく重なって、まさしく新生ボッテガ・ヴェネタとなっています。アイウェアも以前のデザインとはガラッと変わり、かなり新鮮な雰囲気を放っています。特に、リーの好きな分野であるアクセサリーから着想を得た、黄色が強く非常に華やかなゴールドカラーが特徴的です。