メニュー

LENS

About Lens取り扱いレンズについて

レンズは大きく分けて「単焦点レンズ」「多焦点レンズ」「中近両用レンズ」をとり扱っております。非常に繊細な物ですので、お客様の仕事・生活・趣味に至るまで様々な用途に合ったレンズをプロの目線からご提案させて頂きます。どんなレンズが自分にあっているかわからない方でも、お気軽にご相談下さいませ。

単焦点レンズ

近視、遠視、乱視などに用いる一般的なメガネレンズで、1枚のレンズにひとつの度数があります。
一般的な補正用と、手もと専用老眼鏡に使われます。単焦点レンズには、非球面、両面非球面などの設計があり、見え方などに違いがあります。

単焦点レンズ 単焦点レンズ
単焦点レンズ 単焦点レンズ

多焦点レンズ

老視の人が手元専用の老眼鏡を使っていると、遠くを見るときと近くを見るときでメガネをかけはずししなくてはなりません。こういったわずらわしさを解消するため、ひとつのレンズの中に遠くを見るための部分と近くを見るための部分が設けられたレンズを、多焦点レンズといいます。
また、多焦点レンズの遠く用のレンズの度数から近く用のレンズの度数までを、連続的になめらかに変化させたレンズが累進屈折力レンズです。

中近両用レンズ

屋内・室内専用のメガネとして開発されたレンズで、3~4m前後からお手元まで1本のメガネで掛け外すことなく見ることができます。したがって、テレビを見たり、掃除をしたり、料理をしたり、読書をしたりする場合を想定すると最適なメガネといえます。
また、会議の際にボードを見たり、手元の書類を見たりするのにも最適です。 なお、中近メガネをはじめて作製する場合は、見え方を確認する為にトライアルレンズで「どのくらいの範囲まで・どういう見え方をするレンズなのか」ということを実際に体験してから購入することをおすすめしています。